新世界ロマンスオーケストラ

お久しぶりです、こんにちは!
KAT-TUNの新曲の詳細発表、復活コンの当落など情報が盛り沢山な1日でしたが、みなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。
次のシングルになんとみんな待望の俺メロディが収録ということで、途中まで書いて放置してあったセカロマのレポを上げます〜 めちゃくちゃ今更だけど……

※以下がっつりネタバレ注意

チケット持ってなかったんだけど当日券がとれたので行ってきました!新世界ロマンスオーケストラ!席は2階の端で、舞台の下手側、具体的に言うとベッドと拓翔の作業机がまったく見えない席だったので、えっこれ見えなくて楽しめるのか…?と思って開演まで不安だったのですがそんなことが気にならないくらい楽しめました!

自分の記憶補完も兼ねて、覚えてることを書いていきます。台詞は完全にうろ覚えです。超ネタバレなのでご注意ください!




舞台は拓翔が自分の部屋で拓翔の彼女である玲奈に別れを切り出すところから始まるんだけど、拓翔と別れたくない玲奈が言ってることがわりと電波でイラッとするタイプの女だなって感じで、他のお客さんが笑ってる小ネタでも全然笑えなくて私これ2時間大丈夫かな……って不安になってたんだけど、その後からは面白かった。

(ちょっと曖昧だけど確か)玲奈が拓翔の部屋を出て行ったところでこの公演のメインテーマが流れて、拓翔の部屋の天井に「新世界ロマンスオーケストラ」の字幕と映像が映し出される。以前に私立恵比寿中学の舞台で1度グローブ座に来たことがあったんだけど、その時とはまったく違う演出で、舞台を見に行った経験があまりないのもあって、舞台ってこういう演出もアリなんだ!って驚いたしすごく面白かった。この舞台は拓翔の5人の浮気相手とのシーンを一人一人(1章2人のところもあるけど)描く形で章が移り変わっていく形式なんだけど、始まるときにそのタイトルが同じように映し出されたり
あと拓翔のバンドの出演してる音楽番組とか、セットをフル活用した演出がすごくよかったです。あとメインテーマもすごくかっこよくて、流れるたびにワクワクした。後でまた書くけど、使われてる音楽がどれもめちゃくちゃいい!


Aメロの女 志保
拓翔が志保を今すぐ来て!って呼び出して、拓翔のマネージャーであるそらと同じバンドのメンバーである が嫌な顔をする。志保は拓翔と付き合ってることがバレてクビになった拓翔の元マネージャーで元カノ。まあまだ関係持ってるんですけど……黒髪ショートの美人。好きなタイプです
拓翔のバンドはメジャーデビューが決まってて、拓翔はデビュー曲を作るのに苦戦してる。最初aikoみたいな曲を作ってきたらしく、めちゃくちゃいじられてて面白かった。タイトル、「クワガタ」wwwwwwwwwだからあれは間違ったって言ってんだろ!って怒ってる拓翔がかわいい。
あ!あと拓翔のバンドの音楽番組の映像が流れるんだけど、髪型がオールバックだった!上田くんが今の髪型になる前の、In Factの頃みたいな感じ。そういえば上田くん髪の毛のサイドの部分色変えてた!まあちょっと…あの子のセンスはたまに前衛的なとこありますよね…
ここの章は導入みたいな感じであまり書くことがないですね…志保のキャラもこのあとの方が立ってて好きです。



Bメロの女 そら
そら!とても好きなキャラクターです。拓翔の現マネージャー。拓翔お前こっちにも手出してんのかいっていうね。しかも平気でそらの前で元カノ呼び出すし。清々しいほどにクズ。
志保と が帰ったあと、なんで現マネージャーは私なのにあの女に相談するの!?って泣き出す。情緒不安定。かわいい。
その後もそらは、人気者の彼女つらい!やめる!とか、私のことババアだって言った!とか、泣いて拓翔を困らせる。 
「本当は拓翔に握手会とかしてほしくない!他の女に触ってほしくない!」「でもその仕事取ってきてるのは?」「私です!」のくだりが好き。そらは拓翔の前では情緒不安定だけど、マネージャーとしてはめちゃくちゃ仕事ができる。らしい。
拓翔がそらをなだめて、そらがアイス食べて落ち着こう!って冷凍庫に入れてた自分のアイスのフタを開けると半分食べられてて、「私がババアだからあの女が嫌がらせで食べたんだ!」「ごめん!俺が食べたんだよ」「嘘つき!甘いもの食べないじゃん!」「あ〜、酔っ払って食べたんだよ」「酔っ払っても食べないじゃん!私がガトーショコラあげた時捨てたじゃん!」「あれは…酔っ払って捨てたんだよ!」笑ったけど捨てるってさすがにクズすぎる あーでも彼女に横流しされるのとどっちがいいのかな…
そらが泣いて拓翔がなだめてそらがまた泣いて、って言うのを繰り返した後、そらが「だから人気者の彼女になるのは嫌だったのに!嫉妬しちゃう!もう別れてください!解放してください!」って言い出すんだけど、なんで拓翔はそらのこと捨てないのかなって疑問だった。端から見てるぶんにはそらはかわいいけど、やっぱり自分の彼女だったら面倒くさいだろうし、拓翔クズだから面倒な女はすぐ捨てそうなのに…って思ってた。まああとで理由がわかるんだけど。拓翔に別れないよ、落ち着いて、って言われても落ち着かないそらは、あなたと別れてもっと普通の人と付き合う!太った中年のサラリーマンとか!って言うんだけど、それに対して拓翔が放った言葉が
「かっこいい俺と付き合った後に中年のおじさんと付き合うの?ムリだよ」
うわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!私は死にました
この後どこのタイミングだか忘れたけど、拓翔にメロディーが降りてくる。それでもっとメロディーを引き出そうとして拓翔がそらを追い詰めるのがも〜めっちゃエッチで…
それからダンスシーンに突入するんだけど、ダンスがベッドシーンの暗喩なのがもう暗喩になってないくらいあからさまで逆にいやらしいみたいなレベルだったwwwでもダンス自体はめちゃくちゃいい!もうこれだけでチケット代の元がとれる。上手く言えないけどデ●ニー映画かと思った……しかし音符がついてるステッキのチープ加減にはじわじわくる。ダンスシーン、もちろん志保の時もあったんだけど正直な話記憶に残ってなくて何も書けませんでした…
事後、拓翔はそらを追い出すように帰らせる。クズだ…「下着忘れんなよ」って下着つける時間くらい与えてやれよ…拓翔は浮気してるしどうしようもないクズだけど、でもそらは拓翔かっこいい!好き!ってずっと言ってる。握手会のくだりも好きだけど、そらは我々頭のおかしいジャニオタドルオタに1番近いキャラクターだよね……共感するけど、脚本書いてるのあの人なんだよな…って思うとなんだか複雑な気持ちになってしまう。そらの仕事中と拓翔といる時のギャップ、情緒不安定なときのぐずってるみたいな喋り方がめちゃくちゃかわいいんだよね。文章じゃ伝わらない…好きです。



サビの女 美海
そらが帰った後、クローゼットから美海が出てくる。美海に浮気を見せる拓翔、クズだ…… 美海は人気清純派アイドル女優。のはずなんだけど、行動がいちいち破天荒で読めない。
浮気を見たがる美海も美海だけど彼女が何人もいるのを伝えた上で美海を口説く拓翔も拓翔
拓翔が嫌がるから今までやらなかったグラビアを、拓翔が浮気してるのを見て嫉妬してやろうか悩んでいる美海。彼女が下着や水着で雑誌に載ってるのなんて見たくないって拓翔は言ってるけどう〜〜〜んさっきの握手会の話と同じものを感じる
美海が自分に嫉妬しているのを見てメロディーが降りてくる拓翔  そらの時みたいにもっと嫉妬させようとする、あ〜エッチだ…
拓翔の美海への好きの方向性が若干おかしいwwwクローゼットを開けると扉の内側に美海のポスター、中には美海の法被そしてダンスシーンは法被を着てオタ芸 上田くんにオタ芸をさせた猛者がこれまでいただろうか…



間奏の女 ランラン・ファンファン
サビの女から登場する、拓翔が最近雇った女中のランランとファンファン。中国人の姉妹で、血は繋がっていないらしい。ランランが姉、ファンファンが妹。そらと並んですごく好き!2人とも片言の演技がめちゃくちゃうまい。公演終わってから知ったけど、ランランは根本さんだった。
拓翔曰く「(日本人じゃないほうが)楽でいい」。拓翔に興味がないし秘密も漏らさないから。というわけで、拓翔はなぜ何人もの女の子と浮気をするのかランランとファンファンに話した。
拓翔が浮気をするのは、女の子といてビビッときた時にメロディーが浮かぶから。玲奈と別れたのは、本命の彼女1人と付き合って心が満たされるとメロディーが浮かばなくなって、aikoみたいな曲しか作れなくなったから。バンド活動のために大好きな彼女を切るというのはとってもグッとくる設定だけど、恋愛を制限されるアイドルを皮肉ってるのかな〜という気がしてなんか…アレだよね…  拓翔曰く、今いる浮気相手は3人だけどあと3人ほしいらしい。そうすれば6日日替わりで会って1日休めるから。曲作りのためとはいえなかなかひどい。
ランランとファンファン、キャラが強烈でめっちゃ面白いしかわいい!2人が出てくるところずっと笑ってたかも。ファンファンがリストカッターで死なないギリギリを心得てるの笑ったwww
全体的にギャグ色が強くて拓翔も2人と関係を持つ気は最初はないんだけど、なんだかんだでメロディーが降りてきてしまいダンスシーンに突入。この予想外の相手にビビってくる感じがなんかいいな〜!と思いました。



で、その後ファンファンに誘われてララランドを映画館に見に行く。ここがまたダンスで次々にララランドに誘われて各浮気相手とダンスしてララランド見るんだけど(?)、めちゃくちゃ好きなシーン!上田くん、ダンス決してすごく上手いわけではないんだけど、とにかくかっこよかった…普段女の子と踊るっていうのはないから新鮮だしやっぱり上田くんも男の子なんだな〜と思った(※33歳男性です)。あとやっぱり楽しそうだったのがよかったな!今のチンピラ鬼監督キャラもいいけど天真爛漫な君がかわいくて好きだよ……
浮気相手と見たあと、最後にバンドメンバーの に誘われてララランド。拓翔も楽しくなってきちゃってもう1回見ようぜ!!!って言ってたのかわいすぎるwww計7ララランド


楽しい時間もつかの間、拓翔のララランドデート、加えて5股交際が週刊誌に報じられてしまう。最初の玲奈との会話がここに繋がってくるとは… 浮気相手全員と が拓翔の部屋に集まって、収集がつかない状態に。そこに玲奈がやってくる。拓翔は週刊誌に写真を売ったのは玲奈ではないかと疑うけど、玲奈は自分の無実を訴える。その後も拓翔の部屋はどんどんカオス状態になって、なんやかんやで拓翔は包丁で に刺されてしまう。亀吉で刺されてまた拓翔でも刺されてしまううーちゃん…



去年5月の自分が書いたレポがここまでしか残ってなかったので、続きはメモが残ってて覚えてる範囲で……

全体的にすごく面白い舞台だったんだけど、玲奈が出てくるシーンがあんまり好きじゃないな〜と思った。なんかこう、毒気の強いコメディが一気に少女漫画の世界観になってしまう感じというか……。そもそもこういう女好きじゃないなぁ……。だから結末も個人的にはあんまり。でも、抱き合ってプールに飛び込むシーンは激萌えでした
あとはやっぱり、脚本を書いてるのがあの人なんだよな〜というのがどうしても心に引っかかって、素直に笑えないところがあった。私は作品と作者の人間性を切り離して考えられないタイプなので……。

ちょっとなーって思ったところはこの辺りだけで、あとはすっごくよかったんだけど!

やっぱり特に最後の俺メロディが最高だったよね……ここだけでもうチケット代分以上の価値がある……
泣いてる人がすごく多くて、私もちょっと泣いて、やっぱり走ってる姿も演技してる姿も好きだけど、歌ってる姿が一番好きだし、早くまたたくさんステージに立ってる姿が見たいなーと思いました

というわけで、演出も脚本も音楽も、すごくかっこよくてわくわくする舞台だったし、俺メロディを久しぶりに聞けるのがとても楽しみです!舞台を見に行ってない人にも聞いてもらえるようになるのが嬉しい!

ではまた!